このニキビ跡の赤みが消えない・・・

せっかくニキビが治ったと思ったら、ニキビ跡の 赤み(赤ニキビ跡)が消えない・・・。 こんな悩みの女性も多いのではないでしょうか?

確かにファンデやコンシーラで多少のニキビ跡なら隠すことはできます。ですが、濃いニキビ跡なら それも難しいですし、24時間メイクで隠すなんて難しいです。

こうしたニキビ跡の赤みのせいで、自分に自信を持てなくなってる方も多いと思います。このサイトは、そんな女性を応援する情報サイトです。ニキビ跡・赤みの原因や、その対処法について紹介します。特に、ニキビ跡を消す化粧水選びでは参考になることも多いと思います。


ニキビ跡の赤み、なぜできるの?

ニキビ跡の赤みの正体は、「色素沈着」です。 では、なぜニキビ跡の赤みが発生するのかに ついて説明します。

ニキビができる過程で、ニキビの炎症が皮膚内の血管を 破壊する場合がございます。おおざっぱに言えば、血が皮膚内ににじみ出た状態 ですが、ニキビが治っても皮膚内の「血のにじみ」が 残り、これがニキビ跡が赤っぽく見える原因に なっています。

一度この状態になってしまうと、通常の肌の新陳代謝 (ターンオーバー)だけでは、ニキビ跡の赤みを 解消するのは困難です。やはり、それなりの対策が必要になります。



ニキビ跡の赤み、その対処法は?

上でも書いた通り、ニキビ跡の赤みは皮膚内が破壊
された後の状態です。修復するには、それなりの時間がかかります。
とはいえ、ニキビ化粧品を地道に使っていればかなりの効果が得られます。

ただ、ニキビ化粧品といっても種類が多すぎて
迷ってしまいますよね。私がオススメしたいのが、
ビーグレンのニキビ化粧品です。

ビーグレンは、国際特許を取得した浸透技術を化粧品に採用しています。このため、ビタミンCなどの肌のターンオーバーを促す成分が効率よく肌に浸透し、
ニキビ跡の修復でも大きな効果を発揮します。

ニキビ跡の赤み(赤ニキビ跡)でお悩みの方は、
是非試してみて下さい。


あごのニキビの原因とニキビケア

あごの部分にできてしまうニキビは比較的重症になりやすいし、一度治っても繰り返し発生してしまう部位です。ニキビ跡を消す化粧水を使っても、効果をあまり実感できない場合もあります。キチンとしたケアをしておかないと、あごのニキビは跡が残りやすいですから注意をしましょう。

このページでは、あごのニキビの原因とニキビケアについて解説いたします。 あごのニキビは大人ニキビでは一番多いと言われています。 その原因は(1)偏った食生活(2)睡眠不足(3)ストレスの三点が考えられており、日常生活が問題になっています。

そして普段から身体のみならず枕やシーツなどの寝具類を綺麗にしておいて、汚れのない服装をすることを意識しておきましょう。 あごにニキビができたら具体的にどういったケアをすれば良いのでしょう。

ホルモンのバランスが乱れてもニキビになりなります。 皮脂の分泌量が増加することによってニキビができたりシミが出来やすくなるので、ホルモンバランスを整えるための対策をしましょう。

一番目は、規則正しい生活をすること。 二番目は、バランスの良い食生活をすること。 三番目は、ストレスを蓄積しないことです。 ストレス解消するためのリラックスタイムをとるようにして楽しくケアできる工夫をしてみましょう。

便秘のストレスの原因になり身体にも負担をかけてしまうので避けたいですから、ビタミンBの錠剤などの服用も効果的です。 あごはついつい手で触れてしまいがちですから、無意識にさわってしまったりニキビを潰したりしてしまいがちですから、ニキビ跡にならないように早期治療を心がけたいですね。

ケアについては、(1)正しい洗顔をする(2)充分な睡眠をとる(3)規則正しい生活をすることでホルモンバランスが整ってきます。 そしてお肌の大敵である紫外線対策にも力を入れておきたいです。

以上、あごのニキビの原因とニキビケアについて解説いたしました。 もしも酷い症状の場合は皮膚科に相談してケミカルピーリング・光治療・イオン導入などの専門治療を受けることも検討しましょう。

様々なニキビ治療法

ニキビを改善していくための治療方法は多種多様です。

昔からニキビ改善のために利用されているもののひとつに外用薬、いわゆる塗り薬というものが存在します。以前はイオウ剤が、脱脂剤、角質剥離剤として利用されてきましたが、最近では抗炎症剤や抗生物質含有の塗り薬がメジャーです。

ビタミン類がニキビ改善に有効なため、内服薬である飲み薬のケースでは、 ビタミンB2、B6、Cなどを用いるケースが多いと言われています。また少し重いニキビのケースでは、上記と一緒に抗生物質を服用することも少なくありません。炎症を落ち着かせ、活発になったアクネ桿菌を抑えるためです。

また場合によってはホルモン剤を利用してニキビ改善を進めるケースもあります。背中や胸の広い部分に現れるニキビや、生理前にひどくなるニキビには、低用量ピルや性ホルモン複合剤、抗アンドロゲン剤等が効果的とされているようです。但し服用したからと言って絶対に改善されるということではなく、副作用が現れる可能性もあるというデメリットも生じます。

他の飲み薬としては、漢方療法などもあり、こちらは体に優しく副作用の可能性が低いというのがメリットです。抗生物質と一緒に服用するケースもあります。

塗り薬、飲み薬以外のニキビ改善方法として有名なのが面皰圧出法 でしょうか。ニキビを迅速に解消するため、毛穴を塞いでいる皮脂や膿を取り出す改善方法となります。

もしかしたら自分で押し出してニキビを治したという経験者さんもいるかもしれませんが、失敗するとニキビをひどくすることに繋がりますので自己流は避けましょう。

お肌の正常な機能が鈍っている場合は、ケミカルピーリングもお勧めのニキビ治療のひとつです。ニキビ改善だけではなくニキビ後の治療にも、ケミカルピーリングを用いる事で改善につながると言われています。

今はまだ余りメジャーな治療方法ではありませんが、クリアタッチ、フォトフェイシャルアクネスなどの光を利用してニキビのきっかけになる最近を倒す治療法も、これからのニキビ治療に希望の持てる方法です。

大人ニキビにお勧めのスキンケアとは

ハタチを超えてから生まれるニキビを大人ニキビと呼びますが、この大人ニキビは、10代の若者たちによく見られるニキビととは少し違います。

10代のニキビが皮脂分泌が過剰なことで生まれるきっかけとなることに対し、大人ニキビのほとんどはお肌の持つ角質機能が鈍ってしまう事が元です。他にもメンタル面に負荷が掛かっている時に、大人ニキビは現れる事が多いです。

大人ニキビを改善するためにはどのようなスキンケアが向いているのでしょうか。

一般的には大人ニキビ改善にも、スキンケアの基本である小まめな洗顔が有効だと言われているようです。但し大人ニキビは通常のニキビと違い皮脂分泌が過剰なために生まれるわけではなきため、お顔を何度も洗うことによってお肌の乾燥を引き起こしてしまう恐れがあります。

お肌が乾いてしまうことは元々お肌の持つ角質の働きを鈍らせてしまうことにも繋がり、角質機能が落ちてしまうと、今度は外部からお肌を守るバリア機能がダウンしてしまうことでしょう。

それを避けるためにはお顔を洗った後に、きちんとお肌を化粧水などで潤してあげる事が大切です。化粧水でお肌を潤した後は、保湿クリームなどでふたをし、水分が逃げてしまわないように気をつけましょう。

ところで、大人ニキビの原因には化粧品が関わっている可能性があります。女性の場合ほぼ毎日メイクをしている人もいると思いますが、メイクが毛穴詰まりを引き起こして、それがニキビの原因になることもあるのです。

また、出来てしまったニキビを目立たなくさせようとして、ファンデーションやコンシーラーなどを重ねてしまうことも避けてください。中でも油分の入っている化粧品の使用には気をつけたいところです。

ニキビ対策に特化した化粧品も最近ではたくさん店頭に並べられています。皮脂分泌を抑えてくれる効用のある成分を含んだ化粧品なども人気です。植物エキスや抗男性ホルモン剤などに、皮脂分泌を抑える働きがあるという研究結果も出ています。

最近では上記のように化粧品でニキビ改善を進める方法も支持されていますが、大きな効果があるかというと、それはやはり少し難しいことかもしれません。

スキンケアとは少しずれてしまいますが、ストレスが蓄積されている人にもニキビが多いといわれています。自分では気付いていないうちにストレスを抱え込んでしまうことも少なくないため、ニキビの原因がストレスだと気付いていない人もいるかもしれません。 もしも大人ニキビが生まれてしまったら、自分の事を知ろうとすることが大切でしょう。生活サイクルの乱れを無くし、たっぷりと睡眠を取る、好きな事や趣味などを見つけて、上手にストレス発散を心がけたいものですね。