アトケアプロのヘッダー
アトピーでお悩みの方に人気のアトケアプロ
HOME | 人工甘味料

人工甘味料が赤ちゃんのアトピーや成長ホルモンの阻害の原因?

人工甘味料

最近では健康志向が強まり、糖類がカットされたカロリーゼロ商品が人気を集めるようになりました。
 
これらの商品に含まれているのはスクラロースやアスパルテームと呼ばれる人工甘味料です。
 
これらの人工甘味料はメリットよりもむしろ、危険が多いと言われています。
 
アレルギーの原因となったり、アトピーが悪化するリスクが非常に高く、特に赤ちゃんが摂取した場合には成長ホルモンを阻害してしまう恐れもあるのです。
 
アスパルテームは主に砂糖不使用と記載された食べ物や飲み物に含まれています。
 
また、スクラロースはアスパルテームに害があることが世間に判明して批判されるようになったため急遽普及した人工甘味料で、ガムなどに含有されています。
 
赤ちゃんに食べ物を与える際は、これらの人工甘味料が含まれていない食品を選ぶように注意しましょう。
 
成長を阻害してしまうどころか、免疫力の低下や甲状腺の働きが衰えてしまうなど、百害あって一利なしです。
 

アトピーに有効とされているプロポリス

プロポリス

子供のアトピーを改善して成長を妨げないようにするために有効なのは、プロポリスという成分です。
 
プロポリスはアレルギーの過剰反応や皮膚の疾患を抑える効果があるとされており、学会でも注目されています。
 
このプロポリスにはミネラルやビタミンといった栄養成分が200種類以上も含まれており、子供の成長を手助けすることができるでしょう。

アトケアプロ

プロポリスはアトケアプロというサプリメントで摂取することが可能です。
 
アトケアプロはカプセルタイプの錠剤で、6歳から服用することができます。
 
継続して服用することでプロポリスの抗酸化作用、殺菌作用、免疫力の向上、抗アレルギー作用といった効果を得ることができます。
 
子供を健康的に成長させる鍵は、プロポリスがたっぷりと含まれたアトケアプロにあります。
 
成長を妨げる人工甘味料が食品に蔓延している今の時代こそ、サプリメントをきちんと摂取してアレルギーやアトピーに打ち勝てる体にしてあげることが大切です。